高い広告費で空室対策?

空室対策の定番といえば?

広告費で空室対策

「なかなか空室が埋まらない!」そんなときは仲介業者に払う広告費を

上げてでもなんとか空室を埋めたいと思うのが、住居や事務所利用の

賃貸物件を所有する不動産オーナーの心理かもしれません。

 

短期的な空室対策としては良いかもしれませんが、それで根本的な悩みが

解決されるかどうか検討が必要な場合もあります。

 

もし広告費を上げて何とか空室対策をし続けている物件があれば、

短期的な解決方法ではなく、長期的な視点を持って対策を打つのは

どうでしょうか?

 

空室が続く要因は?

解決すべき本当の問題

空室対策に迫られる理由は、当然借り手がいないからですが、

そもそも何故借り手がいないのでしょうか?

 

要因は一つではなく、各物件によって様々ですが、

一つ間違えなく言えることは、そこに競争があるからです。

 

要は競争という比較の世界にいる以上、他の物件より駅から近い、

築年数が浅い、または新築、内装がオシャレ、価格がリーズナブル

など、どの評価軸をとっても比較されてしまいます。

 

当然ながら、立地があまり良くない、築年数が古いなどの賃貸物件は

せめて内装だけ、または人が出入りする正面玄関だけキレイにリフォーム、

リノベーションして少しでも良い印象を借り手に与えと工夫しています。

 

いずれもこの競争内にいる以上、広告費にしても、リフォームにしても

高いお金を掛け続ける必要があります。

 

どうやったら競争から抜け出せるか?

長期的な視点で解決

競争から抜け出す方法は意外と簡単で他物件がやらないことを

やることです。ただ差別化して違う世界で生き残ることです。

 

その一つの手段が有料自習室という展開になります。

競争の少ない有料自習室であれば、住居や事務所利用とは異なる

顧客に出会える可能性があります。

 

住居や事務所として利用したい顧客がこだわるポイントと

自習室を利用したい顧客のこだわりポイントは異なります。

 

こうなると築年数の古い物件でも、勝てる要因が十分にあります。

もし空室対策に長い間お悩みの場合は、有料自習室が解決策として

最適かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA